骨盤ショーツはいつからいつまで履くの?

産後の歪み矯正のため、骨盤ショーツを検討されている方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、いつからいつまで履くべきなのかをご紹介しています

産後の体型戻しや腰痛のケアに骨盤ショーツを検討されている方は、参考にしてみてください。

 

骨盤ショーツはいつから履き始めるの?

産後1ヶ月は床上げの時期とも言われ、子宮をはじめ、体のダメージが回復していく期間です。

なのでこの時期は、緩んだ骨盤を安定させておく程度の、専用のベルトなどを装着する程度にとどめておきましょう

 

⇒では骨盤ショーツはいつから良いの?

↓↓↓

骨盤ショーツは締め付けが強力なものも多いので、1ヶ月検診の時などに、主治医の先生に相談してみることをオススメします。

ママさんによっても体調の良し悪しもあるかと思いますので、先生の意見を聞いておくのが安心かと思います。

※『骨盤矯正は産後6週目から』とおっしゃっている先生もいました。

 

※少し補足※

生理中の着用についてですが、生理の開始と共に骨盤は開き始め、3日目以降に元の状態に戻るといった動きをします。
これは経血の排出を促す動きになるので、きついショーツなどで止めてしまわないように注意してください。
そして、生理から3日目以降に、着用を再開するようにしましょう。
(緩めのタイプなら問題ありません)

 

 

いつまで履くの?

終了時期に関して明確な決まりはなく、成果に満足できた段階で、中止していただくのが良いかと思います。

 

ただ。。。

産後に関しては、6ヶ月頃を目安に、ママの骨盤が緩んだ状態から通常の固さに戻っていくと言われています。

産後の歪み、ズレを予防するという意味では、6~8ヶ月くらいまでを目安に着用するのがオススメです。

 

そして大事なことなのですが、

↓↓↓

産後の骨盤が緩んでいるときは、ピンチでありチャンスでもあります。

授乳姿勢や偏った抱っこで歪みが増し、そのまま固まってしまう可能性もありますし、緩い状態をプラスに捉え、今までの歪みを正常に近づけることも容易な時期です

実際に歪んでいるのを自覚されていたり、将来の体型などを心配される方は、是非骨盤ショーツでのケアに、トライしてみてはいかがでしょうか。

 

※おすすめの骨盤ショーツはこちらでまとめています。

 


ショーツにこだわる必要もないので、整体やストレッチなど、ご自身に合った方法を試してみてください。

 

ズバリ!骨盤ショーツで効果を実感するまでの期間は?

骨盤ショーツを着用されていたり、検討されている方は、『どのくらいの期間で効果が出るの?』そんな風にも思いますよね?

そこでここでは、人によって個人差があるということを前提に、【どのような変化がどのくらいで起こるのか】についてまとめさせていただきました。

※骨盤ショーツには、どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

比較的早く実感できる変化

骨盤という場所は、背骨の土台となる部分です。

その場所が安定することで、以下のような変化は比較的早く実感できることが多いです。

  • 肩こり軽減
  • 腰痛軽減
  • 姿勢改善

骨盤が歪んでいる場合、若干ですが前後左右にお尻がズレます。

そしてそれを補正するように腰をひねったり、バランスをとるために肩に力が入ったりすることで、腰痛や肩こりへとつながっていきます。

なので、骨盤を中心にキュッと留めてあげるだけで、歪みが原因だった肩こり・腰痛が軽減することは多く見られます

 

また骨盤から背骨が伸びていくので、補正してあげることで背筋がスーッと伸びやすくなります

中には「履いた瞬間から姿勢が良くなった」という方もいらっしゃるので、即効性がある変化と言えるでしょう。

 

※履いている骨盤ショーツが自分に合っているかを確かめる為に、まずはこの辺りを気にしてみると良いかもしれませんね。

 

 

 

少し時間がかかる変化

少し時間がかかって実感できる変化として、

  • 便秘解消
  • 生理痛軽減
  • 冷え症改善

このようなことが挙げられます。

骨盤には自律神経のうちの副交感神経が集中していて、体を休ませて生理機能を整えるような働きをしています

骨盤が歪んている場合、副交感神経と反対に体を興奮させる交感神経が活性化していることが多く、

内臓機能低下(便秘・生理不順)

痛みに敏感になる・感じやすくなる(生理痛増悪)

血管が収縮する(冷え症)

このような悪影響を及ぼします。

 

骨盤を矯正・補正してあげることで、少しずつではありますが体の生理機能が整ってくるといった変化が期待できるという事です。

そしてこれらの変化は、早い場合は数日、遅い場合でも1ヶ月ほどで現れてくることが多いようです。

※フライビシットという骨盤ショーツの口コミには、『3日目に便通が良くなった!』というコメントが残されていました。

 

 

体重減少には時間がかかる

骨盤ショーツで体重の減量を目指す場合、基本的には血流や代謝の改善による効果を見込むことになります。

なので、実際に体重が減っていく経過は緩やかと言えるでしょう

ただ、もともとの体重なども関係するため、これにはかなり個人差があります。

先ほどのフライビシットの口コミを見ると、

  • 3日で1kg
  • 1ヶ月で2kg
  • 半年で4kg

とその成果は様々…。

先に書かせていただいた、肩こりや腰痛が軽減するという変化や、便秘や冷え症が解消されるという変化を実感出来た方であれば、骨盤ショーツの効き目が出ているということが言えます。

なので、少し気長にダイエット効果を待つというのがポイントと言えるでしょう。

 

 


少し曖昧なまとめになってしまいましたが、【痩せる・ダイエット】ということだけに目を向けると、気付けない変化がたくさんあるということです。

肩こり・姿勢・冷え性の具合など、色々な変化に気付くことで、ダイエットのモチベーション維持にもつながるはずです。

一緒にキュッとしたくびれやプリッとしたヒップを目指していきましょう!

 

関連記事

骨盤ショーツがキツイ!食い込む!どうする?

せっかく骨盤ショーツを買ったのに、きつい食い込む!という方はいらっしゃいませんか?

もちろんサイズを交換するのが早くて一番ですが、よろしければ下記の方法もお試しくださいませ。

 

お試しその①:体の脇をストレッチしてから履く

私達は普段、両手を上にあげる機会がかなり少ないです・・・。

その為、わき腹が縮み、そこにお肉が溜まっていることもよくあります。

なので、一度手を挙げて、手と反対に体を倒すストレッチをしてみてください。

脇のお肉が持ち上がり、お尻周りに少し余裕ができるはずです

 

その②:あおむけに1分ほど寝てから履く

これはデスクワークなど、運動不足の方にオススメの方法です。

私達は重力の影響を受けていますが、それは体の中にある内臓にも言えること。

長時間座っていることが多い方は、腸などの臓器が下腹部に落ち込んでいる事も少なくありません。

そこで、あおむけに寝て内臓を少し持ち上げてあげることが効果的です。

さらに余裕があれば・・・

膝を立て、お尻を10秒持ち上げてから降ろす

この運動を、2~3回繰り返してみましょう。

より内臓を持ち上げることができるのでオススメです。

 

その③:ボディクリームを塗る

ボディクリームを塗ることで、肌との摩擦を軽減することができます

食い込みや擦れによる不快感を、少し軽減できるはずです。

また、ひどい場合は股ズレが起きたり、こすれる場所が黒ずんでくることもあります。

それらを予防するためにも、有効な対処法です。

 

まだ購入前の方へ:ワンサイズ上を検討してみるのもアリ

骨盤ショーツの多くは、ヒップサイズを参考に選びます。

そして食い込んだりキツイと感じるのは、お股やお腹が多いです。

つまり、お尻が収まることも大切ですが、履いた後の事も考えておく必要があるということです

⇒太ももが大きな方は、もしかしたらお股の食い込みを感じるかもしれません

⇒ポッコリお腹の方は、お腹のお肉がはみ出て、苦しく感じるかもしれません

 

骨盤ショーツ全般に言えることですが、『サイズ通りなのになぜかキツイ』このような口コミが本当に多く残されています。

【体型が気になる方は、ワンサイズ上のものを検討してみるのも1つ】と言うことを、少し頭に入れておいてはいかがでしょうか。

 

※骨盤ショーツは締め付けが強いので、ワンサイズ上でも、ぶかぶかというケースは少ないと思います
しっかりと補正作用は期待できるので、よければ検討してみてください。

 


骨盤ショーツが食い込む・キツイ!

そんな場合は、納得できたものだけでも、実践してみてください。

 

 

オススメの骨盤ショーツは、こちらでまとめています。

産後の体型戻しに:骨盤ショーツランキングをご紹介

産後の体型が中々戻らず、スパッツや骨盤ショーツを検討されている方もいらっしゃるかと思います。

私も体重と体型が戻らず、いろいろな骨盤矯正・補正アイテムを調査してみました。

そこでここでは、独断と偏見にはなってしまいますが、お勧めの骨盤ショーツランキングを”理由付き”でご紹介します

では早速↓↓↓

 

 

私的骨盤ショーツランキング

価格・機能性・履き心地などを考慮し、個人的にお勧めの骨盤ショーツを紹介していきます。

あまり多く紹介しても迷ってしまうと思うので、ここでは以下の3つに絞らせていただきました。

  • フライビシット
  • スリムシェイプ
  • クビレニスタ

 

 

1位:フライビシット⇒歴史あるロングセラーショーツ!

①特徴

フライビシットは、2012年の発売から売れ続けている骨盤ショーツです。

少し古く感じますが、数回にわたりリニューアルを重ねているので、機能性も充実しています。

特徴には以下のようなものがあり、

  • 骨盤ショーツ界1と言われる、強力な圧力
  • 遠赤外線生地で、履くだけで温かみを感じる
  • 左右からの圧力とリフティング作用により、ヒップアップ効果あり

強力かつ心地よく締め付けてくれるので、骨盤の補正作用が高いです。

また履くだけで温まる素材になっているので、冷え症の方、腰痛もちの方、生理痛がひどい方などにもオススメです。

 

 

②サイズバリエーション(カラーも)

フライビシットはサイズの幅も広く、

  • M:80~90cm
  • L:90~100cm
  • LL:100~110cm

が用意されています。

ヒップ80~110cmまで対応できるので、体型を選ばずに着用することができるでしょう

※カラーは、ブラック・ベージュ・ピンクの3つが用意されています。

 

③価格

フライビシットはなんといってもコスパが優秀で、1枚当たり2678円

これは、2位・3位で紹介させていただく物より1000円以上もお得です

※3枚購入では1枚無料でプレゼントが付くので、さらにお得になります。

 

フライビシットについて、詳しくまとめているサイトがありました。

フライビシットの口コミ詳細はこちら

 

 

2位:スリムシェイプ:履き心地抜群!ウエスト・ヒップ効果

①特徴

スリムシェイプの特徴は、最大5倍まで伸びる伸縮性です。

これにより、骨盤ショーツにありがちな”食い込む・締め付けが強い”というデメリットが解消されています。

また伸縮性が高いことでどんなお尻にもフィットしやすく、効率よく補正効果が得られる事も特徴の1つです。

キュッとしたウエストと、ツンとしたヒップをサポート

というキャッチフレーズがあり、ウエストダウンとヒップアップ効果が期待できます。

 

 

②サイズバリエーション(カラー)

サイズは、2サイズ用意されています。

  • M~L87~95㎝
  • L~LL:96~105cm

先ほどのフライビシットは、ヒップ80~110cmまでカバーできるのに比べ、スリムシェイプは87~105cmまで。

サイズの幅が少ないというのが、ちょっと残念です。

※カラーは、ブラックのみとなっています。

 

 

③価格

スリムシェイプは、1枚当たり3900円。

この価格は、骨盤ショーツの相場くらいです

ただ、まとめ買いでお得になるので、その点はうれしいですね。

  • 3枚購入で200円OFF
  • 5枚購入で1100円OFF
  • 10枚購入で4000円OFF

 

 

3位:クビレニスタ:くびれケア!全額返金保証あり

①特徴

クビレニスタの特徴は、その名の通り”くびれ”のケアができることです。

考えられた圧力が骨盤を補正し、セルライトを刺激することでくびれにアプローチします。

また骨盤ショーツには珍しく、全額返金保証が利用できます。

  • 90日間で1cmも痩せなかった場合に限る
  • 写真や記録などを提出しなければいけない

というちょっと厳しい条件はあるものの、安心できるポイントかと思います

 

 

②サイズバリエーション(カラー)

  • M:ウエスト60~69cm ヒップ87~95㎝
  • L:ウエスト69~79cm ヒップ96~105㎝
  • XL:ウエスト79~89cm ヒップ106~116㎝

クビレニスタも、フライビシット同様にサイズが幅広く用意されています

※カラーはブラックのみ。

 

 

③価格

1枚当たり3980円と、紹介させていただいた中では一番高いショーツになります。

ただ全額返金保証が付いてるので、安心してお試しができるというメリットがあります。

 

 


ランキング付の理由は・・・

骨盤ショーツは履き続けるものということで、コスパの優秀さと骨盤からくる悩み全般にアプローチできるフライビシットを1位に選ばせていただきました。

スリムシェイプはサイズの幅こそ狭いものの、履き心地の良さを重視して2位に。

クビレニスタはくびれに特化しているということと、返金保証があるため、3位とさせていただきました。


 

他にもいろいろな骨盤ショーツがありますが、私が調査した中ではこの辺りがオススメです。

よければ参考にしてみてください。

 

ここからは、骨盤ショーツを選ぶポイント・履き方・手入れの仕方などを補足的にまとめた後、骨盤矯正の重要性について紹介していきます。

 

 

骨盤ショーツを選ぶ際のポイント

ポイントは、以下の3つ。

  • 締め付けが強すぎないもの
  • 通気性も大切
  • 見た目も大事

まず、多くの方が1日中履くことになると思うので、履き心地を重視すべきです

ヒップの大きさに当てはまるサイズを選んでも、太ももが太かったり、お腹がポッコリしている方は、履いた後につらくなるかもしれません。

締め付けや食い込むのが心配な方は、1つ大きいサイズを選ぶのがオススメです

また産後のママさんの肌は敏感に傾いていることが多いので、蒸れにくい通気性の良いものを選ぶようにしましょう。

そして、気分良くダイエットに励めるように、デザインやカラーにも、少し気を配ってみるのもポイントです。

 

 

履き方について

骨盤ショーツは下着タイプのものが多いので、基本的には1枚履きで着用します。

履く時間は、”日中履いて夜は脱ぐ”と言うのが一般的で、というのも、締め付けにより多少なりとも血流が停滞してしまいます。

寝ている間は、少し開放してあげるようにしましょう。

 

 

手入れのしかた・洗い方

骨盤ショーツはレース生地のものが多いので、手洗いか、洗濯機であればネットに入れて弱流で洗うようにしましょう。

丁寧に扱ってあげたほど、長持ちしてくれます。

 

 

骨盤の歪みによる体への弊害:ケアの重要性について

骨盤は、左右の腸骨(ちょうこつ)と真ん中の仙骨(せんこつ)という3つの骨で構成されています。

この関節は仙腸関節(せんちょうかんせつ)と言い、骨が同士が噛み合っているわけではなく、筋肉や靭帯によってつなぎとめられています。

なので、歪み・ズレやすいんですね。

妊娠中は出産に向けて、この関節が緩くなっていきます。
ということは、普段通り過ごしていても、骨盤は歪みやすいという事。

そして骨盤の歪みは、様々な弊害を及ぼすようになります。

↓↓↓

  • 姿勢不良
  • 代謝低下により肥満
  • 肩こり・腰痛
  • 生理痛悪化
  • 便秘・尿漏れ
  • 冷え症    などなど・・・

産後に体重が増えたり、体の不調を感じることが多くなる背景には、出産という一大イベントの影響が大きいです。(ホルモンバランスの影響など)

ですがその陰に隠れて、骨盤の歪みも潜んでいるかもしれません

産後の体型、猫背、肩こり腰痛などに悩んでいる方は、骨盤ショーツなどでの補正・矯正を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 


以上、個人的にお勧めの、骨盤ショーツランキングでした。