骨盤ショーツはいつからいつまで履くの?

産後の歪み矯正のため、骨盤ショーツを検討されている方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、いつからいつまで履くべきなのかをご紹介しています

産後の体型戻しや腰痛のケアに骨盤ショーツを検討されている方は、参考にしてみてください。

 

骨盤ショーツはいつから履き始めるの?

産後1ヶ月は床上げの時期とも言われ、子宮をはじめ、体のダメージが回復していく期間です。

なのでこの時期は、緩んだ骨盤を安定させておく程度の、専用のベルトなどを装着する程度にとどめておきましょう

 

⇒では骨盤ショーツはいつから良いの?

↓↓↓

骨盤ショーツは締め付けが強力なものも多いので、1ヶ月検診の時などに、主治医の先生に相談してみることをオススメします。

ママさんによっても体調の良し悪しもあるかと思いますので、先生の意見を聞いておくのが安心かと思います。

※『骨盤矯正は産後6週目から』とおっしゃっている先生もいました。

 

※少し補足※

生理中の着用についてですが、生理の開始と共に骨盤は開き始め、3日目以降に元の状態に戻るといった動きをします。
これは経血の排出を促す動きになるので、きついショーツなどで止めてしまわないように注意してください。
そして、生理から3日目以降に、着用を再開するようにしましょう。
(緩めのタイプなら問題ありません)

 

 

いつまで履くの?

終了時期に関して明確な決まりはなく、成果に満足できた段階で、中止していただくのが良いかと思います。

 

ただ。。。

産後に関しては、6ヶ月頃を目安に、ママの骨盤が緩んだ状態から通常の固さに戻っていくと言われています。

産後の歪み、ズレを予防するという意味では、6~8ヶ月くらいまでを目安に着用するのがオススメです。

 

そして大事なことなのですが、

↓↓↓

産後の骨盤が緩んでいるときは、ピンチでありチャンスでもあります。

授乳姿勢や偏った抱っこで歪みが増し、そのまま固まってしまう可能性もありますし、緩い状態をプラスに捉え、今までの歪みを正常に近づけることも容易な時期です

実際に歪んでいるのを自覚されていたり、将来の体型などを心配される方は、是非骨盤ショーツでのケアに、トライしてみてはいかがでしょうか。

 

※おすすめの骨盤ショーツはこちらでまとめています。

 


ショーツにこだわる必要もないので、整体やストレッチなど、ご自身に合った方法を試してみてください。